読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんなん堂主人 日々の思うこと

読書、音楽、TV映画鑑賞から感じたこと、思うこと

井伊家の教え/井伊裕子

読書 人物

せんなん堂です。

 

前回に続いて、井伊直虎関連の本です。

 

今年のNHK大河ドラマの主人公が井伊直虎なので、書店で関連する本を目にすることが多いです。

 

著者の井伊裕子さんは、彦根藩 井伊家の方です。

最近話題になる井伊直虎徳川四天王の直政、彦根藩の礎を気づいた直孝についてもの記述もありますが、著者が一番伝えたかったのは、桜田門外で暗殺された大老井伊直弼の真の姿です。

 

続きを読む

剣と紅/高殿円

読書 戦国時代

せんなん堂です。

 

ちょっと音楽のことが続いたので、今回は読書感想を。

 

今年のNHK大河ドラマは、「おんな城主 直虎」で、井伊直虎という女性の話ですね。

www.nhk.or.jp

続きを読む
広告を非表示にする

リムスキー=コルサコフ 交響組曲「シェエラザード」作品35

クラシック

せんなん堂です。

 

リムスキー=コルサコフ(1844-1908)はロシアの作曲家で、ロシア「五人組」と言われる作曲家の一人です。

ニコライ・リムスキー=コルサコフ - Wikipedia

 

今回紹介する「シェエラザード」以外にも、3つの交響曲、「スペイン奇想曲」や序曲「ロシアの復活祭」などを作曲しています。

以前紹介したボロディンの「イーゴリ公」を作者急死のあとに仕上げています。

続きを読む

突然ですが、店替えします

いろいろと事情がありまして、転職します。

 

 

新しい勤め先は、”せんなん堂”です。

  • 新ブログ名:「せんなん堂主人 日々の思うこと」

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

                     せんなん堂主人

 

アルヴェーン 交響曲第2番ニ長調作品11

クラシック 人物

 ヒューゴ・アルヴェーン(1872-1960)はスウェーデンの作曲家です。

私は、次のエピソードから、この人は、人間臭いなあと思いました。

続きを読む

アイブス 交響曲第2番

人物 クラシック

今回は、アメリカの現代作曲家チャールズ・アイヴス(1874-1954)と彼の作曲した交響曲第2番を紹介します。

前回、ロシアの作曲家ボロディンを紹介しましたが、アイヴスも本職は音楽家というわけではないようでした。

 

続きを読む

日曜作曲家

人物 クラシック

今日は、ロシアの作曲家アレクサンドル・ボロディン(1833-1887)について紹介します。

ずいぶんマイナーなところにいったと思われますが、理由があります。

ボロディンの本職は有機化学者でした。

私は、有機化学関係の仕事をしているので、以前からボロディンには興味がありました。

 

続きを読む
広告を非表示にする